テーマ:散歩

フェルメール展で思った事

先日京都市立美術館に行った。 フェルメールの手紙 手紙をみつめる表情や手紙を書く表情から全てを連想させてくれる。 絵を見ていると色々と想像できる楽しい絵だ。 光と影、 一枚の絵の中に表情や置物などで物語を入れる方法。 大変参考に成った、今後はデジカメ写真に、この考えで取り組んでみる事にする。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦国山城の竹田城を望む朝来山

戦国山城の竹田城に2ヶ月前に登った。 断崖絶壁のすごいところに如何にしてこんな巨石を持ち上げ並べて築城したのか、”がんばれ日本”の元祖とも言うべき遺産。 不可能を可能にする力。 ファイトが沸いてくる。 今回は、反対側にある朝来山に登り城の撮影を試みた。 桜のシーズンが良かったのですが登るチャンスが無く今回もマイフレンドのよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奈良、平城遷都1300年際

今、NHK大河ドラマ坂本竜馬が大変な人気ですが、奈良では中国大陸や朝鮮半島との交流の基本と成る復元遣唐使船や朱雀門、大極殿の復元による平城遷都1300年祭が秋まで開催中です。 まだまだ広大な平城京跡地の復元には多大の資金と年月が掛かると思いますが、早く復元されれば、きっとイスタンブールからのシルクロード東の最終地として、世界中から多く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上醍醐寺まで登ってきました。

醍醐寺には花見で3年前に訪れて以来今回2回目である。 そして醍醐寺から2km上の山頂に位置する上醍醐寺には行ってなかったので今回挑戦した。 上醍醐寺までは1時間半は掛かるきつい山登りだ。 1597年に秀吉は醍醐の花見を催し時の権力を知らしめた槍山を通り、ここからが大変きつくなる。 しかし山頂からは奈良盆地は言うに及ばず遠く吉野の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都の忘れられた観光地: 羅城門

京都は遷都以来1200年になり観光名所が多く有ります。 しかし、誰でも聞いたことがあるがほとんど誰も訪れる事の無い所を今回紹介します。 ①京都のポスターの東寺の五重塔はあまりにも有名で新幹線からも見えすばらしい建築物である。 その誰でも知っている東寺に対して、その昔、西寺(さいじ)が存在したことは殆ど知られていない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

里山にも春が来た。

里山にもやっとこさで春が近づいています。 紅梅も今が満開に成りました。 そして今日は雛祭、17年ぶりに蔵から出したお雛様と86歳の祝いをしてもらっている母です。 母には特技として、蕎麦を栽培しそれからソバボーロ(蕎麦菓子)を作る”半X”を持っています。ちょうど一年前の3月2日に台湾から30名もの”半X”を求め研究している方…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都の原風景 美山かやぶきの里

日本古来の屋根のかやぶき建築数全国一位の岐阜県白川郷は多くの写真家より紹介され、雪に埋もれる合掌作りの屋根は幾何学的で美しい。一方、日本昔話に登場する様な丸みのあるかやぶき屋根の”日本原風景”は何故か郷愁をあおる風情を感じます。 京都から約50Km北に位置する京都府南丹市美山町かやぶきの里は、国の重要伝統的建造物群保存地区…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春が来た~うぐいすの声

今日は平成22年2月22日で2のゾロメの日・・なんとなく良いことが有りそう・・・・? 天気も良く暖かい・・・気分最高。 いつもの散歩コースから少し外れて、スーパーでお昼弁当を購入し、浦々かな散歩道を桂川上流に向かって進む。 つくつくぼうしを探しながら・・・でも少し早いようです。 ぽかぽかとした陽気につられながら歩…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都の紅葉:もみじ狩り叡山電鉄

京都の紅葉。御所と鞍馬叡山電鉄。 昨晩の雨で空気も澄み、紅葉が一段と映えて綺麗だ。多分今日が京都の紅葉は最高潮だと思う。 二日前に嵐山に行ったが、満足が得られなかった。 今日は天気も良くなったので再度挑戦した。 出町柳から鞍馬まで叡山電鉄に乗り、もみじのトンネルをぬけるためにだけが目的で最前列陣取り今年の紅葉を目に焼き付けた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅葉の永観堂

京都の永観堂は南禅寺の上(北)に位置する浄土宗西山禅林寺派の総本山で、正式名は永観堂禅林寺です。 ご本尊は阿弥陀様ですが、横を向いておられる、”みかえり阿弥陀”で、聞いたことがあるとおっしゃる方も多いかと思います。現在特別展を実施しているので今日拝観に行った。 京都の紅葉は毎年11月23日前後から1週…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

正倉院展と奈良公園の紅葉

奈良公園紅葉 http://smcb.jp/_as01?album_id=338596 正倉院展が始まった。1300年前の精密な工芸品には毎年驚愕させられる。現代の技術もこの当時にはまだ絶対負けていると思う。すばらしいに尽きる。 気持ちの良い気候が続いて最高です。 奈良公園で一休み、柿の葉寿司はかくべつだ。 久…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界遺産姫路城

本日の新聞に10月より、5年の歳月をかけて世界遺産の姫路城大修理が始まるという記事が本日掲載されていた。 来年度からは大屋根にもテントが架けられて瓦の吹き替えも始まる予定との事にて、急遽最後の日曜日ということもあり、見学に出かける。 予想どうり、大混雑しており時間待ちで天守閣には登るのを諦めたが、一応最後の優雅な姿を写真に取ることが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

田舎暮らしの里山にはもう秋の兆し。

もう秋だ。 里山の栗、道端の野生化したユリの花、あちこちに咲きみだれている。 道には、鳥がつまんで落ちた、どんぐりの実、そろそろ秋だ。 田んぼの畦には、薬草の花と蕎麦の実も見つけた。 主人のいない忘れられた梨の木、今年もたわわに実っている。 限界集落に近い里山、世間のニュースからは程遠い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大原三千院での写経

京都市美術館のルーブル展を見に行ったが、月曜休館日にて残念であった。その後大原三千院へ写経に行くことにした。 遅れていた梅雨明けも今日から明けにて、市内は気温33度の表示がさすが大原は30度、3度低い。やや遠くにパーキングしてしまったので遠かったが、それはそれなりに良かった。すがすがしい気持ちで、三千院の門をくぐった。 そして、庭園…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鞍馬寺の毘沙門天像

涼しさを求めて、鞍馬へ行った。 真冬の1月にも行ったが、今回は二回目、真夏の鞍馬寺です。金堂まで歩いて登る予定だったが、暑いのでケーブルカーで登りさらに奥の院まで散策した。次回は貴船神社を回るコースを一周してみたいと思う。 他に、鞍馬寺の面白さは、尊天での行です。 慈愛の象徴の千手観世音菩薩、太陽の精霊毘沙門天王と護法魔王…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徳川家康生誕の岡崎城

三河の国:岡崎市 急遽岡崎市に用件が発生し新名神で行った。トヨタに近いこともあり、活気を感じる町でもある。 中心の岡崎城を見学したが、良く整備された城郭内は、暑いさなか海風も入り木陰は涼しく、気持ちのよい城であった。 城郭は平地で戦国時代増設だけあり、随所にある堀は頑強で、ゴルフのグリーン周りのバンカーが全体を囲み難攻不落の城と感…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

嵐山の鵜飼

夕方より嵐山の鵜飼漁を見に行く。 写真撮影が目的にてハンディビデオより写真に焼きなおす。 フルハイビジョンカメラが安くなり本当に便利に成った物です。 シャッターチャンスを逃がすことなく撮影できる利点がある。 ただ、200万画素ゆえやや不満はある。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

嵐山 : 渡月橋を行き交う人々

梅雨もそろそろ終焉、来週の京都は祇園祭。 コンチキチンの音が頭の中で勝手に鳴っている。 いよいよ蒸し暑くなり本格的な夏になる。 今日も嵐山まで散歩。 傘をさして歩く人たち。 赤、ブルー、黄色などなど。 墨絵のような中に渡月橋を行き交う傘の色が面白く、シャッターを押しました。 修学旅行の子供達の傘の集団 童話の傘地蔵さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大山崎天王山への散歩

三日天下といわれる明智光秀と羽柴秀吉の天王山の戦いの司令部天王山に登ってきた。 岩清水八幡宮の西に位置する小山(約270m)ですが、サントリー大山崎醸造所やアサヒ大山崎美術館(モネ睡蓮)もあります。非常に手軽に登れますが、樹木が高くなりほとんど平野が見えないのが残念でした。 眼下には岩清水八幡宮、その先には桃山城とくじら池そして宇治…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more