お百姓さんに成って3年目の稲刈り終了

台風で最高のタイミングでの稲刈りが出来なくて、昨日残っていた稲はやや実り過ぎの状態で刈り取りを終了した。

村では最後の稲刈りと成ってしまった。

”台風一過秋の空”という言葉が有るように台風が通過すると晴天が続くのが通常ですが、当地はどうも曇りや一時雨という感じですっきりしません。

収穫にはタイミングがあるのですが、お天気次第の仕事です。

最後の籾は、自然の温度で乾燥しようと計画したが、昨日の午前中に霧雨が降り籾の状態が悪いのと気温が22度しかないので熱乾燥に切り替えるしかない。

それゆえ、今回は空気の温度を35~40度にして、中間で寝かし、状態を安定させてから再度乾燥させる方法を取ってみます。

こうすればほぼ自然乾燥に近いコメの乾燥状態に成るとの文献(1)が有ったので採用してみます。

いろいろとハップニングが有りながらも、あと数日で今年の稲刈りが無事終了します。

最初のどうしていいのか分らない状態から、試行錯誤出来る状態まで進化している。

安全で美味しいお米が目標ですが、目標は近く成って来たように感じる。

 (1)良質・良食味安定生産出荷のための栽培技術 竹中:北海道立中央農業試験場



 







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック